脱毛と体臭の関係

体臭が気になる方に勧められる対処の一つに、脇の下等の脱毛があります。しかし、そうでありながらもエステなどで永久脱毛をした後に、施術前よりも体臭が強くなったと感じる場合があります。
臭いの原因は大まかに分けて、汗そのものとそれを分解する雑菌の働きです。
汗はエクリン腺から分泌されるものと、アポクリン腺から分泌されるものがあり、それぞれ成分が違います。エクリン腺からは99%が水で、残りの1%に様々なごく少量の物質が含まれた汗が出ます。アポクリン腺からはそれに加えて、脂肪や尿素、アンモニア等の含有量が多くなった汗が出ます。主に臭いへ変わるのはアポクリン腺からの汗で、アポクリン腺は脇や陰部に多く分布しています。
また皮膚にいる雑菌は、汗で皮膚の状態が弱酸性からアルカリ性に傾くことによって増殖します。彼らが皮脂や角質を栄養として分解する際に臭いが出ます。
通常は脱毛をすると臭いの原因となる雑菌の繁殖場所が減り、また蒸れを引き起こす体毛がないので体臭が減少します。しかし、レーザー脱毛等によって汗腺が刺激され、汗の量が増えると、その臭いが気になる為に臭くなったと感じる場合があります。