麻酔のリスク

最近は無痛分娩を希望する妊婦さんがだんだんと増えているみたいですね。
ただ、無痛分娩や帝王切開で使う麻酔のリスクを心配してまだまだ実際には
選択しないっていう人も多いみたいですね。
確かに、多く使われている硬膜外麻酔などは母体に後遺症が残るリスクはありますが
本当にごくごくまれで、交通事故にあう確率のがぐっと高い程度だと思うと
自然分娩を選んだときでもそちらはそちらでリスクがありますから、
それほど心配するものではないかと思います。
硬膜外麻酔は血液の中には麻酔薬が入らないので、赤ちゃんには影響がないというのも大きいですね。
また、よく、麻酔をかけるときの痛みを心配する人も多くいますが、
局所麻酔をかけてからカテーテル挿入になるので、最初の局所麻酔の注射の痛み程度くらいしか
感じないので全く心配しなくて大丈夫です。
帝王切開では緊急の場合、全身麻酔になることもありますが
その場合は赤ちゃんも眠ったまま生まれてきますが、
ちゃんと医師が対応してくれるので、大丈夫です。